脅威情報提供ソリューション

一覧に戻る

脅威情報提供ソリューション

ハッカーが利用しているIPやURLをグローバルで収集しDB化した情報を提供

脅威インテリジェンスとは

脅威インテリジェンス(スレットインテリジェンス:Threat Intelligence)とは、IPアドレスをキーとした脅威(マルウェア、ランサムウェア、ゼロデイ攻撃といったサイバー攻撃)に関する情報です。日々高度化・巧妙化するサイバー攻撃に対応するため、昨今ではこの脅威情報を使った通信の防御やCSIRT(シーサート:Computer Security Incident Response Team)やSOC (ソック:Security Operation Center)運用時のセキュリティ情報として活用されるようになっています。

脅威インテリジェンスとは

脅威情報提供ソリューション概要

新日鉄住金ソリューションズでは、クラウド型の脅威インテリジェンスサービスThreatSTOPをご提供しております。ThreatSTOPでは世界に50以上のセキュリティ調査機関と連携して脅威インテリジェンスデータベースを構築。常時変化する最新の脅威を含む約2,500万以上の脅威IPアドレス情報を提供。すでに導入しているファイヤウォールやDNSサーバと連携することで、フィッシング攻撃やC&Cサーバへの通信など通信をブロックすることができます。

脅威情報提供ソリューション概要

ご提供する製品

NSSEINTカタログ

NSSEINTカタログ

新日鉄住金ソリューションズの包括的なセキュリティソリューションおよびサービスをご説明するカタログをご用意いたしました。NSSEINTで何が解決できるの?どのようなメリットがあるの?サービスの詳細は?という疑問に回答するカタログです。ぜひこの機会にご確認ください。

ダウンロード

NSSEINTやセキュリティ製品やサービスに関するお問い合わせ

NSSEINTやセキュリティ製品導入前のご相談やお見積り依頼などお気軽にご連絡ください。また、脆弱性診断やMSSサービスなどに関するご相談も承ります。

お問い合わせ