侵入されることを前提とした 次世代エンドポイントセキュリティとは

未知の脅威に対する検知・防御から対応、復旧まで、EPPとEDRの統合で実現

CbDefence企業における従来のセキュリティ対策は、ゲートウェイセキュリティと、アンチウイルスによるエンドポイントセキュリティで十分でしたが、未知のマルウェアや非マルウェア攻撃などの新たな脅威が増え続ける現在では、侵入されることを前提とした新しい対策が求められています。そこで注目されているソリューションが、次世代エンドポイントセキュリティです。

詳細はダウンロードいただきご覧ください。