ダウンロード資料:避けて通れぬマルチクラウド活用を 限られた人材でいかに実現するか

5年後を見据えて、いま情報システム部長が考えるべきこととは?

資料:マルチクラウド活用を限られた人材でいかに実現するか

新しい挑戦に取り組みたくてもIT部門が背負う業務は増える一方

次々に登場してくる新たなテクノロジーを、いかに活用して競争力へとつなげていくかがIT部門の課題となっていますが、当然ながら人的リソースの面で十分な余力が必要となり、実際にはこのIT部門の余裕がないため、思ったように挑戦できないといった問題が発生しています。

戦略的アウトソーシングの可能性を探る

システム基盤刷新と同時に、クラウド活用や運用改善などの構造改革を行うことで、IT部門の余力を捻出できます。新日鉄住金ソリューションズは基本構想から運用まで一貫して実施することで、その効果を最大限に引き出します。

企画構想から運用まで隙間なくカバーするITアウトソーシングサービス「NSFITOS」

さらに、実現するための以下の3つのサービスを提供。

  • ・「absonne」(アブソンヌ)を中心としたマルチクラウド
  • ・次世代運用サービス「emerald」(エメラルド)
  • ・高信頼ファシリティ「NSFITOS センター」

これらのITアウトソーシングサービスを総称して「NSFITOS」(エヌエスフィットス)と呼んでいます。

事例の詳細はダウンロードしてご覧いただけます。