• 矢崎総業、強固なグローバル経営基盤に向けてNSSOLへITインフラを移管

    2017.08.24

    最新情報

    ITアウトソーシングサービス「NSFITOS」により、「3割の業務効率化」と「IT部門の役割」を変革

    新日鉄住金ソリューションズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:謝敷 宗敬、以下NSSOL)は、矢崎総業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:矢﨑 信二、以下 矢崎総業)にITインフラの包括的アウトソーシングサービス「NSFITOS」(エヌエスフィットス)を提供しました。NSSOLは矢崎総業に北九州データセンター、マネージド・クラウドサービスabsonne(アブソンヌ)、運用アウトソースを包括的に提供。これにより矢崎総業はシステムの可用性の向上に加え、ITインフラの保守・運用に従事する社員の約3割を「業務の改革・改善を推進する役割」にシフトすることが可能になりました。

    自動車用ワイヤーハーネスで世界トップクラスのシェアを誇る矢崎グループは、2017年8月現在、世界46カ国に拠点を構え、自動車部品や電線、ガス機器、太陽熱利用機器、空調機器などを開発・製造・販売しています。同社は静岡県裾野市に自社施設としてプライマリデータセンターを構えていましたが、可用性や地理的条件のリスクからBCP(事業継続計画)対策を強化するため、他所への移設を検討していました。同時に、同社はグローバルな経営情報に基づく意思決定のスピードをさらに高めるため、業務の改革・改善を進めていました。そのIT人材を確保するためにも、同社のIT部門では社員の役割と業務のあり方を見直す必要がありました。

    上記の課題を解決するために、ITインフラの運用・保守、新鋭データセンター、クラウドサービスを包括的に提供するNSSOLのITアウトソーシングサービス「NSFITOS」を導入。地理的要件やマルチクラウド対応などから北九州データセンターを選定し、それに伴い、柔軟にリソースを調達できることからハウジングではなくマネージド・クラウドサービスabsonneを採用。2016年より新規システムの稼働をabsonneにて開始し、自社データセンターからの移設を段階的に実施しており、現在基幹システムなど150VM規模のシステムを安定稼働させています。

    矢崎総業、強固なグローバル経営基盤に向けてNSSOLへITインフラを移管

    また、NSSOLはNSFITOSの業務アセスメントにより、IT部門一人ひとりのコア業務(企画など)とノンコア業務(保守・運用など)に費やす業務量を詳細に調査、分析。そのうえで矢崎総業はIT部門のインフラとサービスデスク業務で矢崎総業の社員が担っていたノンコア業務をNSSOLに全面的に移管しました。NSSOLに移管したノンコア業務の対象は、400台以上の仮想サーバー管理、国内外で約240拠点となるネットワーク管理、国内2万台以上のパソコンに対するセキュリティ管理、個別製品を担当する各社(サプライヤ)との調整など広範囲に及びます。

    2017年8月現在、運用移管と安定稼働を実現しており、今後NSSOLは「運用全体の業務効率化」に向けて各サプライヤと連携した改善活動を進めていきます。NSSOLへのアウトソースにより、矢崎総業はシステムの可用性の向上に加え、現行業務の改善や新たな施策への対応を強化し、全社的な業務改革プロジェクトへ人材を振り向けることが可能となりました。

    今後もNSSOLはお客様のITパートナーとして企業価値向上に貢献するべく、時代の変化に対応した最適なソリューションを提供して参ります。

    【ユーザー事例】

    ITインフラ運用業務をNSSOLに移管 社員を企画業務にシフトさせ改革推進

    主力データセンターを北九州に移設 クラウドの柔軟性を最大限に活用

    • NS Solutions、NSロゴ、absonne、NSFITOS及び、emerald、EMERALD\エメラルドは、新日鉄住金ソリューションズ株式会社の登録商標です。
    • 本文中の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

    【本件に関するお問い合わせ先】

    新日鉄住金ソリューションズ株式会社
    ITインフラソリューション事業本部 営業本部 マーケティング部
    TEL:0120-42-1255
    メールでお問い合わせ

    【報道関係お問い合わせ先】

    新日鉄住金ソリューションズ株式会社
    総務部 広報・IR室 鹿島
    TEL:03-5117-5532
    メールでお問い合わせ