株式会社資生堂様(DaaS+Skype for Business)

一覧に戻る

株式会社資生堂(DaaS+Skype for Business)

「仮想デスクトップ+Skype」の課題を克服
使いやすいWeb会議で働き方改革加速

導入前の課題

働き方改革の一環としてSkypeを導入したが、全国の事業所で使用している仮想デスクトップ環境ではSkypeの音声・動画品質が低く、Web会議に利用できなかった。原因は、負荷の高い音声・動画を送る通信経路が複雑だったためだ。

選定ポイント

資生堂に仮想デスクトップサービスを提供している新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)は、端末同士がSkypeの音声・動画を直接送受信できるツールを組み込み、徹底した実機検証によって実運用可能な仕組みを確立した。

導入効果

Skypeで快適にWeb会議を開催できるようになり、全国の事業所での活用が進んでいる。当初は少人数のWeb会議にSkypeを利用する想定だったが、最近は全国の事業所をつないだ大規模の会議で活用し始めた。

仮想デスクトップ環境でSkypeのWeb会議が使えない

資生堂は、化粧品の製造・販売で国内トップシェアを持ち「世界で勝てる日本発のグローバルビューティーカンパニー」を目指している。2011年にPCの運用負荷軽減を目的に導入した仮想デスクトップは、社員の生産性向上など働き方改革に寄与している。この働き方改革をさらに推進するため、2014年からグループ全体のコミュニケーション環境を刷新する、Skypefor Business Online(以下、Skype)を導入した。

ところが、仮想デスクトップ環境でSkypeのWeb会議を使用してみると、音声はぶつぶつと途切れてうまく聞き取れず、動画も数秒間で1コマ表示するのがやっとの状態だったため、Web会議の潜在ニーズが大きいはずの事業所間でSkypeのWeb会議が利用できなかった。

端末同士で音声・動画を直接送受信する方式を採用

仮想デスクトップのアーキテクチャー上、音声・動画データはサーバー経由で処理され通信経路が複雑化するため、大幅な通信遅延が発生してしまう。

そこでNSSOLは、負荷の高い音声・動画データのみを端末間で直接セキュアに通信できるCitrix社のHDX RealTime Optimization Packを導入。資生堂の環境や利用シーンに合わせて動作検証を実施し、端末のマイクやスピーカー、CPUの性能、ドライバーとの相性を踏まえた実運用可能な仕組みを確立させた。検証過程においては、Citrix社と協業してツール自体の改修も重ね、音声・動画の品質改善にこぎつけた。遠く離れた事業所間(東京、北海道、沖縄など)のWeb会議もすべて現地で品質を確認している。

Web会議を活用する動きが全国に広がる

このような施策の積み重ねにより、SkypeのWeb会議における音声・動画の品質は劇的に向上した。現在は、音声・動画のいずれも通信遅延を感じさせない高品質なWeb会議を実現している。たとえ遠距離のWeb会議であっても、品質の劣化はほとんど発生していない。

仮想デスクトップ環境でもSkypeのWeb会議が快適に利用できるようになったことで、全国の事業所では積極的にSkypeでWeb会議をするようになった。Skypeなら面倒な事前準備が不要であり、数百人が参加するような規模の会議にも利用しやすい。Web会議の活用場面が大きく広がり、グループ全体でコミュニケーションの活性化に貢献している。

M³DaaS事例集

M³DaaS事例集

新日鉄住金ソリューションズのM³DaaSおよび仮想デスクトップご採用企業様事例をまとめました。お客様の課題や解決策、そしてM³DaaSの効果をまとめてご確認いただける資料です。ぜひこの機会にご確認ください。

ダウンロード

M³DaaSや仮想デスクトップに関するお問い合わせ

M³DaaSや仮想デスクトップ導入前のご相談やお見積り依頼、デモ依頼などお気軽にご連絡ください。
また、MDMやシンクライアント、クラウドファイル共有、標的型攻撃対策などに関するご相談も承ります。

お問い合わせ