なぜ次世代運用か

IT運用の歴史

インターネットがビジネスシーンを拡大し、重要な役割を果たすようになって以来、コンピューティングの規模は飛躍的に増大しています。その結果、コンピューティングシーンには、様々なベンダー、プラットフォーム、アプリケーション、データ形式が入り交じって存在し、運用管理の複雑さは増す一方です。

IT運用の歴史

人に依存したIT運用の限界

これまでの運用管理は、担当者毎に得意分野が違い、作業品質も異なるなど、担当者に依存する部分が少なからずありました。このような人に依存する運用システムでは、提供するサポート品質が均質化せず、環境の変化にも対応できません。

人に依存したIT運用の限界

IT運用の産業革命

今、IT運用管理の世界は新たな時代を迎えようとしています。これまで人に依存していた運用管理をシステムが自動的に行ってくれる時代。つまり、手工業から機械工業に変わった産業革命のようにIT運用管理における産業革命が今、まさに起きようとしています。

IT運用の産業革命

人間とコンピューターの融合

運用自動化により、運用効率、運用品質は大幅に向上し、これまで運用に多くの負荷を割かれていたIT要員を、より戦略的な業務にシフトする事が可能になります。そして運用管理の現場は、オートノミックコンピューティングによって生み出されたバーチャルエンジニアが情報の管理や定型作業を行い、リアルエンジニアは高度な判断が求められる業務を担う。そうした人間とコンピューターが融合した世界が目の前にあります。

人間とコンピューターの融合

バーチャルエンジニアの進化

AIの世界では、コンピューターが自ら学習し、考え、分析するコグニティブコンピューティングが劇的な進化を遂げています。こうした新たな技術を使えば、サービスデスク機能などをAIで実現する事も可能となり、バーチャルエンジニアの領域は更に広がっていく事でしょう。

バーチャルエンジニアの進化

emerald(エメラルド)に関するお問い合わせ

emerald(エメラルド)の導入前のご相談やお見積り依頼などお気軽にご連絡ください。
また、システム運用管理に関するご相談も承ります。

お問い合わせ