選ばれる理由

運用サービスでemeraldが選ばれる理由

新日鉄住金ソリューションズは、運用でお悩みのお客様をトータルにご支援いたします。

理由1運用からの解放で「攻めのIT」を実現

お客様の運用担当者がお持ちの、システムに関する様々な暗黙知や経験則をemerald(エメラルド)に登録することで属人化を排除し、誰もが均質な対応をできる環境・体制を整備します。これにより、お客様の運用担当者は運用業務から解放され、お客様にしかできない戦略的業務に集中することが可能になり、「攻めのIT」を実現できます。

運用からの解放で「攻めのIT」を実現

理由2アウトソースによるサポート品質の向上

ITシステムを取り巻く環境の変化は激しく、システム管理に必要な知見・ノウハウは増え続けています。このような状況の下、アウトソースの果たす役割は以前とは変わってきています。これまでは、お客様業務を①「お客様でなければできない戦略的業務」②「外部に委託しても差し支えない業務」に分け、②をアウトソースしていましたが、今では③「アウトソースした方が品質が向上する業務」が加わりました。

例として、セキュリティがあります。OSやミドルウェアに関連するパッチ情報やインシデント情報は、お客様が個別に収集・適用するよりも、専門チームが集めた情報を様々なお客様に提供する方が圧倒的に効率的です。この他、インフラ管理やネットワーク障害に関する知見や情報なども共有の効果が高く、アウトソースのメリットが大きいと考えられます。

アウトソースによるサポート品質の向上

理由3運用の品質向上と工数削減を実現

従来の運用自動化は一部の監視業務やジョブ管理などの「個別タスクの自動化」に留まっており、その効果も限定的でした。emeraldは新日鉄住金ソリューションズの豊富な運用経験に基づいた「ITOフレームワーク」とIPsoft社が提供する運用管理自動化ツールIPcenterを用いて障害検知から復旧、クローズまでのITプロセス全体を自動化します。これにより「高品質で安定した運用サービス」と「運用工数の削減」を実現します。

運用の品質向上と工数削減を実現

emerald(エメラルド)に関するお問い合わせ

emerald(エメラルド)の導入前のご相談やお見積り依頼などお気軽にご連絡ください。
また、システム運用管理に関するご相談も承ります。

お問い合わせ