運用自動化で高品質なITシステムを実現する
次世代運用サービス

最先端のオートノミック・テクノロジーにより、均質で効率的な運用を実現

emerald(エメラルド)の導入前のご相談やお見積り依頼、システム運用管理に関するご相談などお気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

emerald(エメラルド)とは

emeraldは最先端のオートノミック・テクノロジーを採用し、お客様のシステムをリモートから監視・運用する次世代の運用アウトソーシングサービスです。

「運用プロセス・業務の自動化」と「専門性を持つ運用SE」を組み合わせることで、運用コスト低減・品質向上、そしてお客様の多様なニーズに対応できる、信頼できる運用サービスを目指しています。

属人性を排し、自動化された運用を実現

emeraldでは、これまで人間のオペレータが行っていた初期対応を、オートノミック・テクノロジーをベースにした「バーチャルエンジニア」と呼ばれる自動対応ソフトウェアが行います。

様々な運用対象に対応できるライブラリを用意しており、高品質で均質な初期対応が可能です。

また、情報はその後の1次対応/2次対応のSEと共有され、サポートチケットの発行やその後のワークフロー管理も自動的に行われるため、連絡ミスや対応漏れなどが無くなり、問題解決までの時間を短縮できます。

属人性を排し、自動化された運用を実現

emeraldが実現すること

問題解決までの時間を短縮

問題解決までの時間を短縮

チケットの自動発行やその後のワークフロー管理機能により、対応漏れ・対応遅れが無くなり、問題解決までの時間が短縮されます。サービスの障害を早期に復旧し、ユーザの満足度向上に貢献します。

サポート品質の向上

サービス品質の向上

バーチャルエンジニアが受け付けた内容・履歴は全てその後のSEによる対応に引き継がれ、連絡漏れや勘違いが無くなります。人的ミスが減少し、運用品質が上がります。

サポートレベルを平準化

多様なサービスの提供

専門領域に特化したSEと、お客様のシステムに特化したSEが連携して対応するため、安心して運用アウトソースしていただけます。また、休日夜間の対応からIT部門が解放されることにより、現場の生産性が向上されます。

これまでの運用とemeraldの違い

「人」が中心となっていた運用を、「システム」を中心とした運用に切り替えます。
運用業務のシステム化・自動化で、「運用品質の向上」と「運用効率化」を実現します。

既存の運用

これまでの運用では、障害検知後にオペレータが初期対応を行い、必要に応じて運用SEによる1次対応、アカウントSEによる2次対応へとエスカレーションしていきました。人が中心となり、基本情報を収集し、チケット起票やSEのアサインなどを行いますが、手順書の確認やコミュニケーションに大変な負荷と時間が掛かる上に、ヒューマンエラーが起きやすい状況にありました。

これまでの運用とemeraldの違い

emerald

運用自動化ツール「IPcenter」の活用により、一連のインシデント対応を自動化し、大幅な時間短縮と運用品質の向上を実現します。

障害発生を検知したバーチャルエンジニアが関連情報を収集し、インシデントチケットを作成。定型的な作業であれば、障害検知から障害復旧作業、記録、報告までを自動的に対応。そうでない場合は運用担当者が自動でアサインされますが、自動的に収集された関連情報をシステム上で共有することで、効率的な対応が可能になります。また、チケットの消化状況も自動で管理され、対応漏れなどが無くなり、運用品質の向上に繋がります。

さらにemeraldなら、お客様専用のエンジニアが対応!

お客さまの大切なシステムをお預かりしますので、万が一の際には障害解決に向けて責任をもって対応させていただきます。お客さまの環境を熟知したアカウント運用SEを配置し、運用改善に向けて柔軟に対応いたします。

さらにemeraldなら、お客様専用のエンジニアが対応!

自動化により障害復旧までの時間を短縮

一連のインシデント対応業務を自動化することにより、大幅な時間短縮と運用品質の向上を実現します。
一次対応で解決可能なインシデントについては、対応時間を大幅に短縮します。

自動化により障害復旧までの時間を短縮