オールインワンのデータ分析統合環境

データ分析業務に必要な全てパッケージング

Data Veraci@absonneの導入前のご相談やお見積り依頼などお気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

更新情報

 
現在公開されている情報はありません。

セミナー・イベント情報

 
現在予定されているセミナー・イベント情報はありません。

Data Veraci@absonneとは

Data Veraci@absonneは、データ分析に必要なIT環境とノウハウ、サポートをオールインワンで提供するデータ分析統合環境です。ご要望に応じて世界トップクラスのデータサイエンティストが、お客様の分析業務をコンサルティングすることも可能です。

Data Veraci@absonneとは

Data Veraci@absonne が求められる背景

センサーデータや通信ログ、ソーシャルデータなど、分析対象となるデータは多様化しています。また、ディープラーニングの登場をはじめ、データ分析手法も高度化しています。今やあらゆる業務がデータ分析の対象となり、こうしたIT技術によるビジネスへの直接的な貢献が強く期待されるようになりました。しかし、データ分析環境の整備には多大な時間とコスト、――特に初期投資が必要です。また、分析スキルとITスキルを兼ね備えた人材が確保できなかったり、分析ノウハウやスキルがないといった理由から、未だ手をつけられないといった悩みもよく聞かれます。そのような課題をData Veraci@absonneは解決いたします。

Data Veraci@absonne が求められる背景

2つのサービスできめ細かな支援を実現

データ分析支援(コンサルティング)

Data Veraci@absonneの特長

データ分析業務に必要となる環境と人材をトータルで提供

データ分析業務に必要となる環境と人材をトータルで提供

IaaSからプラットフォームまで、データ分析に必要なIT環境をクラウドサービスとしてトータルで用意しています。これに加え、多彩なテンプレートによるデータ分析ノウハウ、データサイエンティストによる分析支援なども提供。データ分析に関するあらゆるニーズにオールインワンで応えます。

製鉄業での20年以上にわたる実績と、世界に認められた高度なデータ分析力

製鉄業での20年以上にわたる実績と、世界に認められた高度なデータ分析力

新日鉄住金ソリューションズは幅広い業界に実績を持つデータ分析のスペシャリスト集団であり、様々な分析ニーズに応える高い技術力を強みとしています。ビッグデータの分析精度を競う米国の競技大会「KDD Cup」では、当社と金融エンジニアリング・グループ(FEG)の連合チームが2015年の世界第2位という実績を残しました。KDDはデータサイエンス分野の最古かつ最大の学会であり、KDD Cupでは大学の研究室・研究者、企業内の分析技術者ら世界最高レベルのデータサイエンティストが参加して腕を競います。その賞は計算機科学の分野ではノーベル賞に匹敵する最高の賞とされています。

低コストで始めて、月額料金で柔軟に利用できるクラウドサービス

低コストで始めて、月額料金で柔軟に利用できるクラウドサービス

初期投資不要、手ごろな月額料金で使い始めることができるため、高額の予算をご用意いただく必要はありません。「分析件数が少ない」「期間限定で利用したい」といったニーズにも最適。お試し感覚で気軽に始めることが可能です。

よくある活用シーン

各部署で蓄積されているデータ分析ノウハウをData Veraci@absonneで共有

事業部ごとにそれぞれ分析ツールを導入しているようなケースでは、各部署や個人が個別にデータを蓄積されており、データ活用が十分に行えていません。これらをData Veraci@absonneに統合することで分析プラットフォームの一元化が実現します。Data Veraci@absonneには部門間で分析情報を共有できるコミュニケーションツールも搭載されており、データ分析ノウハウの共有はもちろん、効率化も期待できます。

「3ヵ月だけ利用したい」という短期間利用のケース

データ分析業務は、深堀テーマの課題抽出など、分析データのテーマによってはスポット的な利用で事足り、基幹業務システムのように持続的な利用が不要な場合もあります。月額課金のクラウドサービスであるData Veraci@absonneなら、「分析件数は1~2件のみ、3ヵ月程度で終了する」といったわずかなニーズでも安心してご利用いただけます。必要な時に必要なだけ利用することができ、コストの抑制に貢献します。