• 仮想デスクトップと新しいコミュニケーションツールSkypeとの関係①

    2016.05.23

    M³DaaS

    仮想デスクトップと新しいコミュニケーションツールSkypeとの関係①

    新コミュニケーションツールの広がり

    ここ最近、ワークスタイル変革やスマートデバイスの普及により、SNSやチャット、TV電話などを企業内の新しいコミュニケーションツールとして導入する企業が増えています。
    今回のコラムでは、新しいコミュニケーションツールとして利用が広がっているMicrosoft社提供の「Skype for Business」をDaaS/VDIで動かす際のポイントについてご紹介したいと思います。

    「Skype for Business」とは?

    DaaSと「Skype for Business」のお話をする前に、「Skype for Business」について簡単にご説明します。
    「Skype for Business」は、Microsoft社が2011年に買収したSkypeとLyncを統合して、2015年にリリースされた製品です。主な機能としては表1のような機能が存在します。
    「Skype for Business」にはOffice365のいくつかのプランに含まれており、利用している企業が増えている状況です。

    表1:Skype for Business:主な機能

    主な機能説明
    インスタントメッセージ(IM) 複数ユーザ間でのチャット
    音声通話とビデオ通話 IP電話やビデオ通話
    Web会議 複数ユーザでの映像と音声での会議
    在席情報 在席情報の確認
    共有機能 デスクトップやアプリケーションの画面共有
    電話機能 PBXやPSTNと接続し、一般電話と同様に使用可能
    アーカイブ IMの保存や音声通話の録音が可能

    新しいコミュニケーションツールと仮想デスクトップの関係

    DaaS/VDIでは、1ユーザ当たりのデスクトップリソースを最適化していますので、リソースを消費する機能を追加する場合は、DaaS/VDIのリソース増強が必要になります。
    「Skype for Business」の各機能のリソース負荷が下の表2です。特に音声通話やビデオ通話などは、DaaS/VDIのアーキテクチャの視点からも、利用には工夫が必要になってきます。以降では、リソース負荷が大きい音声通話やビデオ通話について解説します。

    表2:Skype for Business:各機能の相対的なリソース負荷

    主な機能リソース負荷
    インスタントメッセージ(IM)
    音声通話とビデオ通話
    Web会議
    在席情報
    共有機能
    電話機能
    アーカイブ

    DaaS/VDIのアーキテクチャは音声通話やビデオ通話に不向き!?

    DaaS/VDIのアーキテクチャを簡単におさらいしたいと思います。
    DaaS/VDIはサーバ上で動いている仮想OSの画面データを圧縮・最適化してネットワーク経由で配信し、手元の端末で展開して画面を表示させる仕組みです。
    通信データを圧縮・最適化することで、低帯域や遅延が発生するネットワークでも快適に操作できるようにしていることが、DaaS/VDIのアーキテクチャの特長の1つです。

    図1:通常のDaaS/VDIでのアーキテクチャ

    通常のDaaS/VDIでのアーキテクチャ

    では、DaaS/VDIでビデオ通話をした場合にどうなるでしょうか?
    ビデオ通話では、端末と端末の間をリアルタイムで通信するということが大きな特長になります。DaaS/VDI上でビデオ通話をした場合の通信の流れは下記の図のようになります。

    圧縮と展開を繰り返す

    図2のように圧縮と展開を各2回繰り返します。圧縮と展開をすることで遅延が発生し、遅延の結果音質の劣化や画質の低下が起こります。
    実際にNSSOLでも同様の環境で検証しましたが、実用に耐えられるレベルではありませんでした。

    図2:DaaS/VDI上でTV通話をした場合の通信の流れ

    DaaS/VDI上でTV通話をした場合の通信の流れ

    図3:通常のPCでのTV通話の流れ

    常のPCでのTV通話の流れ

    どうやって、動かすの?

    Microsoft社や仮想デスクトップベンダーでは、DaaS/VDI上で音声通話やビデオ通話が可能になるモジュールを提供しています。

    表3:各会社が対応しているモジュール

    会社対応モジュール
    Microsoft 社 Lync VDI プラグイン
    Citrix 社 HDX RealTime Optimization Pack
    VMware 社 Lync VDI プラグイン

    今回のコラムはここまで

    次回はDaaS/VDI上で音声通話やビデオ通話を実現する方法として、上記のモジュールでCitrix社のHDX RealTime Optimization Packの説明とNSSOLの検証をご紹介していきたいと思います。

    新日鉄住金ソリューションズ株式会社
    ITインフラソリューション事業本部
    マーケティング部 プロフェッショナル
    新堀 徹

    M³DaaS@absonneカタログ
  • 働き方改革を支えるSkype for Business OnlineとXenApp/XenDesktop

    働き方改革を支えるSkype for Business OnlineとXenApp/XenDesktop

    2017.09.25

    M³DaaS

  • M³DaaS@absonneとSkype for Business Onlineの両立で働き方改革を推進

    M³DaaS@absonneとSkype for Business Onlineの両立で働き方改革を推進

    2017.09.25

    M³DaaS

  • Windowsのサポートポリシー変更に企業はいかに対応するのか?後編

    Windowsのサポートポリシー変更に企業はいかに対応するのか?後編

    2016.08.29

    M³DaaS

  • Windowsのサポートポリシー変更に企業はいかに対応するのか?前編

    Windowsのサポートポリシー変更に企業はいかに対応するのか?前編

    2016.08.15

    M³DaaS

  • 仮想デスクトップと新しいコミュニケーションツールSkypeとの関係②

    仮想デスクトップと新しいコミュニケーションツールSkypeとの関係②

    2016.06.06

    M³DaaS

M³DaaS@absonne カタログ